不動産投資において重要な利回りについて解説!!
不動産投資を行うときにはさまざまな情報を確認して整理しておく必要があります。権利関係、敷地と道路との関係、建物の状態等、結構調べることが多くありますが、現地に行かなくても判断できる一つの指標が利回りとなります。

  • 利回りとは、対象不動産の運用で得られる年間の見込み収益となります。不動産投資の利回りは大きく以下3つに分類となります。
    1. 想定利回り・・・アパートやマンションといった複数のお部屋を有する物件の現在の空室を考慮しないで、満室だった場合を想定した利回りを表しています。(ある意味対象不動産のMAX実力値)
    2. 表面利回り・・・現状の空室状況を控除した利回りを表しています。(空室のお部屋がある為、購入後に室内の清掃等の費用が発生する場合があります)
      ※投資対象が1部屋のみの場合は、想定利回りも表面利回りも同じ利回りで表示されている場合があります。
    3. 実質利回り・・・想定利回り・表面利回りともに収入しか反映していないのに対して、現物不動産にはかかってくる、管理費や修繕費といった支出を考慮した利回りを表しています。

不動産投資で重要なのは実質利回りとなります。別名NOI(エヌオーイ、Net Operating Income)の呼ばれ、計算式は、(現在の不動産投資で得ている全ての収入-経費))÷物件購入価格×100となります。
この実質利回りが高ければ高いほど、手取収入も高くなるため好まれがちですが利回りが高い物件=リスクも高い物件となる事も多いため、現地調査、権利関係含め、入念な調査が必要となります。

不動産クラファンモール「CRAMO(クラモ)」掲載物件は上記のような調査を行った事業者(不動産会社)が購入しており、かつ募集利回りも実質利回り(源泉税引前)で募集している案件が多い為、

これから不動産投資を行っていきたい不動産投資未経験者の方は、まず少額投資で経験値を積んでみてはいかがでしょうか。